江戸川区 一之江・瑞江で根本改善が評判「けんご整体院」(旧名称:けんご整骨院))

「さとう式リンパケアとは」

名古屋の歯科医師である、「佐藤青児先生」が「くいしばり」や「顎関節症」の施術を元に「口腔機能」の重要性に気づき、理論を組み立て、仮説、検証を繰り返して考案した、「美容健康法」です。

最近、メディアで騒がれている「ファシア」(皮膚と筋肉の間)へのリンパ液(間質液の循環を促すことにより、細胞の「老廃物」や「二酸化炭素」を排出し、代わりに「酸素」や「栄養素」を取り込むことが出来るようになります。

さとう式リンパケアには3つの理論(考え方)がありこの理論に基づいて、健康、美容、医療、スポーツ、教育、介護等に貢献しています。

 

 

○さとう式リンパケアの3つの理論

1、体は腔で出来ている

スキャンさとう式リンパケアでは、体は3つの空間で構成されているものと考えています。

3つの空間とは・・・口腔、胸腔、腹腔の3つの空間です。この3つの空間が広がり円筒型になることで体は安定して使えるようになり、内臓機能も良くなります。構造的にも機能的にも本来の状態となり、本物の健康、美容を手に入れることが出来ます。

 

 

2、支持筋は屈筋である

スキャン 2「屈筋」って??と思う方もいるかも知れませんが、「屈筋」とは体の関節全てを曲げた時に隠れてしまう部分の筋肉を指します。「屈筋」を全て作用させるとダルマさんのような格好となります。この隠れた部分が屈筋となります。

それとは反対に関節を伸ばす時に使う筋肉を「伸筋」となります。

さとう式リンパケアでは、屈筋」で体を支えるように使うことによって、身体機能を高めることが可能になりますし、本来僕たちは子供の頃は出来ていた体の使い方なのです。

 

 

 

3、筋肉はゆるめる

fullsizeoutput_618痛みがあったり、歪みを感じたりする所の筋肉は「捻れて」、「縮んでる」ことが多いです。

この筋肉を優しく触れたり、揺らしたりすることにより、フワフワの柔らかい、柔軟性のある筋肉となります。

筋肉が緩んだ状態ですね。筋肉が緩むことにより、ポンプ機能も向上するためリンパ間質液、血流の循環も良くなっていきます。また筋肉の産熱量も増えるので、冷え性なども改善されている方も多いです。

 

 

この3つの理論が重なり合って、体は本来の機能を取り戻し本物の健康と美容が手に入るのです。

しかも、この「さとう式リンパケア」にはご自身で出来る「セルフケア」もたくさん考案されています。誰でも出来る簡単なものとなっております。是非ご活用ください。

さとう式のインストラクターからは「セルフケア」により全国で様々な症例に対して改善例が報告されています。

疑問や質問等がございましたら、当院のメールかLINEでお知らせください。

可能な限り回答していきたいと思います。

 

 

セルフケア動画

耳たぶ回し(食いしばり、顎関節の痛み)のセルフケア

 

 

腕回し(首、肩周りの筋肉を緩める、口腔、胸腔を広げる)セルフケア

 

 

フェイシャル(リフトアップ、咀嚼筋を緩める)セルフケア

 

スーパーリフトアップ(リフトアップ効果)セルフケア

 

肩のコリ、肩のだるさ(片手バンザイ体操)セルケア

 

腰の痛み、股関節の痛み(シェー体操)セルケア

 

肩〜足までの筋肉を緩める体操(タオル筋ゆる)セルケア

 

体を安定させる、パフォーマンスアップ(キラパタ体操)セルケア

 

口腔機能アップ(あによべ体操)セルケア

 

唾液促進セルケア(口腔内の乾燥を防ぎ、消化機能もアップ)セルケア

花粉症対策セルフケア(鼻詰まり等)

 

一之江・瑞江で整体なら「けんご整体院」 PAGETOP