江戸川区 一之江・瑞江で根本改善が評判「けんご整体院」(旧名称:けんご整骨院))

こんにちは。池口です。
日本人は古くからの生活スタイルで肩こりが多いと言われています。
なぜなんでしょう?

日本人は農耕民族だったことから
下の絵のように下を向いて膝と首を曲げた姿勢が多かったので
身体の前側の筋肉(屈筋)が発達しました。

一方、欧米人は狩猟民族だったことから
弓を射るような動作で身体の後ろ側の筋肉が発達しました。

農耕民族

身体の上半身は前側の赤い筋肉が屈筋です。

スキャン 2
足から下は太ももとふくらはぎの裏側の筋肉が屈筋になります。


←左の図の赤い筋肉が屈筋です。

屈むときに使う筋肉で、全てを収縮させると体は丸くなります

上半身後ろ側首からお尻にかけて
太もも前側と脛・甲までが伸筋となります。


屈む動作が多いと、伸筋側が引っ張られるので、
筋肉が引っ張り合いっこをしてしまいます。

伸筋と屈筋が上手にバランスよく保たれていると
無理なく立てますし、身体の痛みというのも起きないということになります。

私たち日本人はそもそもが屈筋を多く使いますし、
奥歯を使ってすり潰すように咬む農耕民族だったので、
食いしばりも強いと言われています。

食いしばると、筋肉が緊張して首と肩が前側に引っ張られます。
後ろ側が引っ張り返そうとして、そこで首と肩が前へ引っ張り返そうとして
前へ傾き首コリ、肩こりとなってしまうんですね。

今やスマホやパソコンで俯き加減の屈んだ姿勢が日常になりつつあります。
そんな時は首や肩をトントンするのではなく、

首の前側、鎖骨から胸の辺りをサラサラと撫でてあげてください!
緩んで楽になります。

屈筋を多く使う日本人だからこそ、屈筋を緩めて、上手に使えるように
ケアをしていきたいものですね。

さとう式リンパケアのセルフケア片手バンザイもおススメです。

当院のHPのさとう式リンパケアの説明動画からご覧いただけます。

屈筋を上手に使えるためのフレクサーグッズもご用意してますので、
お試しくださいね!

 

一之江・瑞江で整体なら「けんご整体院」 PAGETOP