江戸川区 一之江・瑞江で根本改善が評判「けんご整体院」(旧名称:けんご整骨院))

こんにちは。  塩田です。

梅雨に突入しましたね。

今年は6月なのに真夏日が続出!

マスクの着用による熱中症対策や3密防止に換気も必要なので、より一層体調管理をしていきたいですね。

 

そこで今回は実は生命活動の要!!

ここ数年、日本でも知れ渡るようになってきた副腎疲労(アドレナルファティーグ)』についてです。

 

そもそも副腎とは・・・

 

https___imgix-proxy.n8s.jp_content_pic_20170727_96958A9F889DE3EAE6E2E4EAE5E2E2E1E2E5E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1854270006072017000000-PB1-29

ストレスをコントロールする、腎臓の上にあるピラミッドのような形をした臓器が『副腎』です。

 

副腎の仕事とは?

■あらゆるストレスと戦うのが大きな仕事

■精神安定剤のセロトニンを作ること

■生活習慣病のリスクを下げる役目

■アレルギーと自己免疫疾患にも大きく関係

■更年期障害は副腎疲労がカギ

 

ストレスがかかりすぎると『副腎疲労』をおこします。

そうすると副腎から分泌される、副腎皮質ホルモンの『コルチゾール』が減り疲労の症状が起こってきます。

実はうつ病と症状が似ているので、長年治療をしても良くならないのはうつ病ではなく『副腎疲労』かもしれません。

(アメリカのうつの80%は副腎が原因とのデータがあります)

 

 

【副腎疲労チェック】

□朝起きるのが辛い

□熟睡できずに、疲れが取れない

□甘い物、しょっぱいものが好きでよく食べたくなる

□今までできていた日常的なことをやるのが辛い

□常にイライラして、ストレス対処ができない

□風邪や感染症にかかって治りにくい

□気持ちが落ち込み、鬱のような気がする

□毎日楽しいと感じない

□コーヒーなどカフェインの入ったものがほしくなる

□集中力が低下

□物忘れがひどくなった

□アレルギー症状が悪化した

□体重が増加し、特にお腹まわりに脂肪がついてきた

□抜け毛が多くなり、髪にコシがなくなってきた

□慢性便秘で、冷え症

□くるぶしがむくみやすい

□関節が定期的に痛む

□性欲がない

10個以上あてはまる方は慢性的に体が疲れているのでは?

副腎の回復には内臓の根本改善、生活習慣の見直しが一番効果的です。

 

次回は『副腎疲労』回復のための生活習慣改善方法をお伝えいたします!

 

 

 

 

 

 

 

一之江・瑞江で整体なら「けんご整体院」 PAGETOP