江戸川区 一之江・瑞江で根本改善が評判「けんご整体院」(旧名称:けんご整骨院))

こんにちは。  

2020年もスタートして早くも2カ月がすぎました。

新型コロナウイルス、花粉症、インフルエンザ・・・

今年は体の免疫力を上げて体調管理により一層、気をつけなくてはいけませんね。

 

 

突然ですが、わたくし塩田は7年ほど前から「糖質制限」しています。

ズバリ! 砂糖、小麦粉、お菓子類、糖質の高いフルーツや野菜などを摂取を控えてます。

なぜかというと単純に疲れやすくなり「歳だから仕様がない」というくくりにしたくなかったからです。

 

当時は『疲れたから甘いもの取らなきゃ!』とか『イライラしてるからチョコレートだー』とひどい時は一人スイーツ祭りの日もありました。

どうしてそうなってしまうのか?

実は脳の仕業なのです。

 

多量の砂糖を摂取すると急激に血糖値が急激に上昇し、その後その反動で急降下します。

その時に脳は危険信号を発し、『アドレナリン』や『ノルアドレナリン』という物質を分泌して血糖値を上げます。

この物質こそが感情に関与して幸福感を感じたりする一方でイライラしたり、攻撃的になったりします。

イライラする➡甘いもの食べる➡落ち着く(ような気持ちになる)➡血糖値下がる➡もっと甘いものが欲しくなる

という魔のスパイラルに陥ります。

その状態が続くと膵臓が血糖値を下げるホルモンであるインスリンを急いで大量に出し続けることにより疲れてしまいます。

膵臓が疲れ切った状態が糖尿病です。

糖尿病や体が糖化すると血管がボロボロになり、高血圧、脂肪肝、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、神経疾患、白内障、緑内障、認知症などあらゆる病気の原因になります。

ここ数年では精神疾患(うつ病、パニック障害、統合失調症)や子供の情緒不安定(キレやすく落ち着きがない)など社会問題にも大きく影響しています。

 

他にも砂糖(糖質)が体に及ぼす影響は多数あります。

〇ビタミン、ミネラルの欠乏・・・骨や他の臓器にも影響します

〇体を冷やす・・・アレルギー疾患、婦人科疾患、耳鼻科疾患、便秘、脱毛などの原因にもなります

〇感染症がおこりやすくなる・・・血糖値が高いと白血球の活動が低下し、様々な炎症がおこりやすくなります

3_30_600

ちなみに私は砂糖断ちをして変わったこと。

〇体重、体脂肪が減った

〇肌と髪がきれいになった

〇冷え性や頭痛が出なくなった

〇風邪がひきづらくなった

〇睡眠の質が良くなった

〇日中の眠気が起きなくなり、いつでも思考がスッキリ! 仕事がはかどるようになった

〇二日酔いしなくなった(笑)

など20代の頃より健康かもしれません!

 

次回は甘いものがなかなかやめられない方へ送る『食事学』について

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一之江・瑞江で整体なら「けんご整体院」 PAGETOP