けんご整体院&リンパケアスクール

MENU

メニュー

MENU

メニュー

坐骨神経痛

他で良くならない理由

坐骨神経痛の施術では、対処的な施術をしているところが多いと思います。

病院、整形外科では痛み止めの注射もしくは湿布を処方される。

整骨院、接骨院では電気をかけてマッサージもしくはストレッチなどをしてくれるところもあるかもしれません。

そして、多少動いても大丈夫なように、コルセットを勧められることもあるようです。

最終的には手術と言われるような方も多いのではないでしょうか?

それらの施術を今まで受けていて、本当に改善しているのでしょうか?

おそらく、うちのHPにたどり着いてる方は「改善していない」、「施術をした時はいいのだけれど・・・」また元の痛み戻ってしまうようです。

それは何故か?

冒頭でも述べたように、手術以外の施術は全て「対処」しているだけだからです。

「その場は良いけどまた痛みがぶり返す!」

では、どうしたら良いのか?

我々人間が本来持っている身体機能を正常に使えるようにして、「根本」から施術して改善して行きます。

自然と機能的身体操作を身に付けていきます。

症状についての説明

「坐骨神経痛」と診断を受ける方で一番はやはり「腰痛」なのではないでしょうか。

その他、「お尻が痺れる」、「足が痺れる」、「歩くと痛い」、「立っていられない」等の辛さを訴える方が多いです。

坐骨神経痛と言われていても、最近では「疾患名」と言うよりも「症状名」として言われることの方が一般的となっています。

原因

坐骨神経痛と診断を受けた方は症状として診断を受けていることが多く、本来の原因としては

1、腰部脊柱管狭窄症

2、腰椎椎間板ヘルニア

と診断され、「坐骨神経痛」という症状が出ていると表現されています。

脊柱管狭窄症にしても、ヘルニアにしても原因となる理由は「腰椎」の周りで「神経が圧迫されている」ことが一番の原因です。

腰椎付近で神経が圧迫されていることで、太ももやふくらはぎに痺れが出てしまうのです。

当院での改善法

当院では「さとう式リンパケア」の考え方を元に、「筋肉の捻れ」をほどいて人間が元々持っている身体機能を取り戻す施術を行っております。

その結果筋肉を正しく使う事が出来、姿勢も良くなり、力学的に非常に安定した立ち方、座り方、歩き方が出来るようになります。

当然、背骨(頚椎、腰椎)への負担もなくなり、日本人本来の体の使い方が出来るようになります。

施術の期間にご自宅で出来る簡単なセルフケアも指導しますので、施術はより効果を感じられるでしょう。

そしてこのセルフケアは予防にも有効なので、是非続ける事をお勧め致します。