けんご整体院&リンパケアスクール

MENU

メニュー

MENU

メニュー

脊柱管狭窄症

他で良くならない理由

まず一番多く見られるのが理学療法(電気、マッサージ)等ですね。温めるような施術もしているところもあるようです。

その次によく聞くのは運動療法、歩行を指導したりストレッチを行ったりしています。

コルセットを付けて仕事へ行っている方もよく見かけますね。

病院や整形外科などへ行くと薬を処方される、注射を打つなどになって来るのではないでしょうか?

これらは全て、「対処療法」となってしまします。とにかく「今の痛み」を何とかするための施術です。

これらの施術を行った結果、痛みが取れない、仕事に支障がある、歩けないなど悩みが解消されず最終的には「手術」を勧められてしまします。

しかし、手術は怖いし必ず成功する保証はどこにもありません。

ではどうしたらこの脊柱管狭窄症の痛みから解放させるのか?

その答えはやはり「根本施術」に限るのではないでしょうか。

確かに脊柱管狭窄症は痛みも強いですし、辛いと思います。そして背骨の周りに問題があるから痛いと言われれば、「そうなのだ!」と思ってしまい勝ちですが、果たして本当に背骨に負担がかかってるから狭窄症になったの?って疑問に思ったことってありますか?

当院ではその根本の考え方からお伝えをしながら施術していきます。

そして、施術のみに頼らないご自身で出来る「セルフケア」をお伝えしながら一緒に悩みを解消していこうと思っております。

施術とセルフケアで身体は必ず良い方向へ向かっていきます。

症状についての説明

脊柱管狭窄症の代表的な症状が「間欠性跛行」です。

脊柱管狭窄症を発症した場合、ある程度の時間を継続して歩いたり、立ったりしていると腰や足に痺れが出て来ます。その症状が出て来ると、歩き続ける、立ち続けるなどが辛くなって来ます。

その後少し休むと腰や足の痛みがなくなり再び歩く、立つなどが出来ますが、また直ぐに痛みが出て来てしまいます。

脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなることでそこを通る神経を圧迫することにより痛みや痺れが起こります。

この間欠性跛行は脊柱管狭窄症になった方が最も悩まされる症状の一つです。

原因

脊柱管狭窄症は以下の3つのタイプに分類されます。

1、神経根型

こちらのタイプは身体の左右どちらかに症状が出ます。

神経は脳から脊髄を通り腰椎の部分で左右に枝分かれしていきます。

その左右の神経の根っこの部分(神経根)が圧迫されるため、神経根型と呼ばれています。

神経根型では、左右どちらか圧迫せれてる側の腰や足に痛みや痺れがみられ、間欠性跛行が生じます。

2、馬尾型

こちらのタイプは脊髄の末梢部の馬尾という部分の神経の束が圧迫されることによって生じます。

この場合、両側の腰、足に痛みや痺れが出て、間欠性跛行を生じます。

更には足の裏の感覚が鈍くなったり、足先が冷たい、熱いなどの症状も出て来ます。

馬尾は腸や膀胱の働きにも関係があるため、頻尿や便秘などの症状が出る方もいらっしゃいます。

3、混合型

言葉の通り、神経根型と馬尾型の両方の神経が圧迫されてる場合です。

こちらの場合は症状も神経根型と馬尾型の両方の症状を併せ持っているため、痛みも痺れも辛いですし、手術を勧められる方はこちらのタイプが多いと思います。

当院での改善法

そもそも、人間は背骨で支えられて、背骨を「軸」にして立っているのでしょうか?

脊柱管狭窄症を手術しても、「痛みが改善しない」、「歩けるようにならない」そんな方もいらっしゃいます。

何故?」と考えた時に、最初の疑問、「そもそも、人間は背骨で支えられて、背骨を「軸」にして立っているのでしょうか?」が頭の中に出て来るのです。

当院の「さとう式リンパケア」では我々人間は背骨を軸として立っているわけではないと考えています。

人間の体は空間(口腔、胸腔、腹腔)を円筒型として支えて立っています。

この3つの空間が円筒型として重なり合っていれば、背骨に負担はかからないのですが、空間が狭くなり、潰れた状態になってしまうと、背骨や筋肉に負担がかかり、痛みを誘発してしまうのです。(体を空き缶と思ってもらえれば分かるでしょうか?)

なので、この3つの空間をしっかりと広げ、円筒型になれば、背骨にも筋肉にも負担がかからず、安定していわゆる一般的な「良い姿勢」となり痛い、辛いがなくなっていきます。

しかも人間本来の無理のない姿勢なので、パフォーマンスもアップ致します。

さとう式リンパケア」の理論とセルフケアを伝えながら、施術をしていくため、日常的にも体に負担がかからないでしかもご自身でケアが出来る様になって行きます。