けんご整体院&リンパケアスクール

MENU

メニュー

MENU

メニュー

膝の痛み・変形性膝関節症

他で良くならない理由

整形外科や整骨院で足の筋肉が足りないから「筋肉をつけて下さい」と言われて、一生懸命筋肉をつける体操をやっていませんか?しかも何年も!

本当に筋肉が足りないから「膝が痛いんだ」と思ってますか?

筋力が足りないことが原因で痛みが出ているのなら、幼児や子供は大人に比べて筋力がないですよね?

でも、腰や膝が痛いとは一言も言わないと思います。(最近の子供の姿勢が悪いことは非常に気になりますが・・・)

と言うことは、痛みの原因は筋力ではないのではないでしょうか?と疑ったことはありますか?

まぁ、実際筋力が原因で痛みが出ているわけではないのです。

でも筋肉をつけるためや、痛みを取るために電気をかけたり、マッサージをしたり、運動したりしてますよね?

果たしてそれで良くなったのでしょうか?

もちろん良くなる方もいるかも知れませんが、その治療を受けていて良くならないのでしたら、少し違うのかも知れませんね。

当院では「筋力が足りない」せいだとは思っていないのです。

使うべき筋肉」を使えていないだけなのです。

この「使うべき筋肉」を使えるようにすることにより、膝への負担は劇的に変わってきます。

しかも施術は痛くありません、辛い運動をすることもありません。

筋肉の捻れを取って、本来使うべき筋肉を使えるようにするだけで、体は劇的に変わります

症状についての説明

膝が痛いと訴えて来る方の多くは、「歩くと痛い」、「内側が痛い」、「正座が出来ない」などと言われる方が多いです。

その他

○水が溜まって腫れる

○膝が曲がらない

○足を着くと痛む

○膝を曲げ伸ばしすると、関節に音がする

などの症状がみられます。

これら症状のほとんどが関節の噛み合わせが悪くなり、関節自体の動きが悪くなってしまうために出て来る症状なのです。

では、その原因は?

原因

変形性膝関節症の原因の多くは、関節軟骨である「半月板がすり減ってしまうことにより、骨がぶつかり合い痛みを発症していることが考えられます。

大腿骨と下腿骨のクッションの役割をしている「半月板」がすり減ってしまうと、関節自体の噛み合わせが悪くなります。そして、噛み合わせが悪いまま歩く、曲げるを繰り返すことにより、益々「半月板」はすり減り噛み合わせは悪くなって行ってしまうのです。

そして、膝は曲がって来てしまい、「変形性膝関節症」と診断され、最悪手術を勧められてしまうのです。

その他はスポーツなどによる「怪我」、体重増加に伴う関節への負担増などが考えられます。

当院での改善法

当院ではこのような膝の痛みは筋肉の捻れを取ることから行います。

痛みを感じている筋肉は大抵、捻れて縮んでいます。この捻れて縮んでいるままで使うことにより

筋肉にも関節にも負担をかけることとなってしまいます。

そのため先ずは筋肉の捻れを解消することから始めます。

筋肉の捻れをゆるめることにより、骨格に無理な負担が掛からなくなります。

結果、膝の関節にも余計な負担はなくなり、体本来の機能を取り戻すことが出来るのです。

当院の施術には、ご自宅で出来る簡単な「セルフケア」もありますので、ご自身で体を整えていくことが出来ます。