けんご整体院&リンパケアスクール

MENU

メニュー

MENU

メニュー

自律神経失調症

他で良くならない理由

自律神経失調症の治療は、基本的には薬物療法カウンセリング生活習慣改善等のアプローチがあるのですが、どれも即効性が感じずらく、長い期間が掛かって良くなっていくのもなので、焦らずじっくりと治療していくつもりで治療に取り組むと良いでしょう。

そもそもが「自律神経」とはどのようなものなのかを考えずに薬やカウンセリングを行ってしまっているのではないでしょうか?

この自律神経ですが、元々は体の「恒常性」を維持するための筋肉なのです。自身の意志とは関係なく、「呼吸」、「心拍数」、「血圧」、「体温」、「消化」などをコントロールしている神経なのです。

そしてこの「自律神経」ですが、「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。

交感神経は「トウソウ神経」と言われていて「闘争」や「逃走」する時のような状態の時に活発に働きます。(分かりにくいかな?)

副交感神経はそれとは逆に、休んでる時や眠る時のような状態になるときに働く神経です。

この二つの神経が僕たちの体の活動状況によって、シーソーのようにバランスを保って働いています。

このバランスが崩れた状態を「自律神経失調症」と呼んでいるのです。

そのため、この二つの神経のバランスを保てれば、心身共に健康な状態へと戻って行けるのです。

症状についての説明

体に出て来る症状としては、眠れない頭痛めまい、肩こり、腰痛、動悸などが挙げられますが、病院などで検査をして「原因不明」だったり、「ストレス」などと診断されたものも「自律神経失調症」と言われていることもあるかも知れないですね。

心因性のものですと、不安感、焦燥感、イライラする、やる気が出ない等がありますが、これも「自律神経失調症」だけの症状ではないですが、そう診断を受けていることもあると思います。

鬱のような症状も「自律神経失調症」の症状に似ているものもあります。

そのため、当院では筋肉をゆるめ、身体の空間を広く保つことにより、身体全体を整え神経、ホルモンにまで影響を与えられる施術を行っていきます。

当院での改善法

「自律神経失調症」の「症状」を見てみると痛いもの、不安なもの、心身ともに「不調」があるもの、ほとんど「自律神経失調症」の症状として挙げることが出来てしまします。

それら全てを1つ1つ施術を行っていけば「改善」されるのか?と言われると、そうではないのですね。

自律神経のバランスが崩れている。もっと突っ込んで言うと我々現代人は、文明の利器により「夜遅くまで活動できる」、テレビ、インターネットなど常に「情報」という「刺激」を受けている。

そのため、いつもいつも「交感神経優位」な状態なのです。つまりは心身共に「休まる」時間が少ないのです。「副交感神経が優位になることがなかなか出来ていない。だから「自律神経失調症」となってしまうのですね。

当院では「心」の部分と「身体」 の部分は「繋がっている」もしくは「連動」していると考えております。そして「心」の部分を扱うことは非常に難しいとも思っております。

そのため、当院で扱うものは「身体の方へアプローチをさせて頂きます。

「身体」へのアプローチを行った結果、「筋肉がゆるみ」、「身体の空間」が広くなって行きます。

この「筋肉がゆるむ」というところが非常に大切になって来ます。「筋肉がゆるむ」ことによって「副交感神経」が優位になれるようになって来ます。「副交感神経」が優位になれば心身ともに「休まる」ことが出来て来ますね。だから「心」の部分も緩んで来るのです。

そうすると身体の部分の不調も心の部分の不調も次々と「改善」されていくのです。

特に副交換神経が優位になるため幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」、「オキシトシン」も分泌が促進されます。抗ストレス、アンチエイジングなどの効果も期待できます。