けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

寒暖差疲労!?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

2月に入りましたが・・・

気温の寒暖差が大きい日が続いていますね。

『最近、だるくてなんにもやる気がしない・・・』

 

というかたも多いのではないでしょうか?

 

季節の変わり目に多いそんな症状を

『寒暖差疲労』と言われています。

 

私たちの体は自律神経によって環境に適応できるように

体温を下げたり上げたりしています。

 

なので寒暖差が激しいとそれに対応しようとして

必要以上にエネルギーを消費してしまうことで

疲労が蓄積してしまうのです。

 

【寒暖差疲労の主な症状】

・体の冷え

・めまい

・頭痛

・肩こり

・顔のほてり

・食欲不振

・睡眠障害

・イライラしたり落ち込んだりしやすい

 

 

【寒暖差疲労チェック】

☐暑さと寒さが苦手

☐季節の変わり目に体調をくずしやすい

☐エアコンが苦手

☐周りの人は暑いのに自分だけ寒い

☐手足が冷たく感じることが多い

☐冬は体が冷えて寝つきが悪い

☐熱中症にかかったことがある

☐代謝が悪くむくみやすい

☐温度が一定の環境にいる時間が長い

 

☑1~3個➡軽症

☑4~6個➡中症

☑7以上➡重症  

 

《予防・対策》

①毎日、湯船につかる

ゆっくり入るなら38度~40度がおすすめです

長く入るのが苦手な方は42度が目安です

その時に両肘はお湯のなかに入れましょう!

肘は体温調整をつかさどる場所なので

汗が出やすくなり新陳代謝も高まります

 

②適度な運動をする

『かかとあげ』をしてみましょう!

足の筋肉を使ってあげることで全身の血液循環を促します

 

③寝る1時間前はスマホは見ない

ブルーライトが交感神経を優位にさせてしまいます!

本を読んだり、さとう式のセルフケアの『片手バンザイ体操』などで

ゆっくりリラックスして過ごしましょう