けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

天気痛撃退!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

東京も梅雨入りしましたね。

 

毎年のこととはいえ・・・

ジメジメ気候と急な雷雨や豪雨などの天候の変化で

体も疲れやすくなるのも梅雨時期の特徴です。

 

そんなこの時期の体調不良を

『天気痛』『気象病』と呼ばれています。

 

最近はメディアでも取りあげられるようになったので

耳にしたこたがある方も多いのではないでしょうか?

 

【天気痛チェック】

☑天気の変化に敏感で、雨が降ることがわかる

☑新幹線や飛行機に乗ると、耳が痛くなる

☑乗り物酔いをしやすい

☑季節の変わり目に体調を崩しやすい

☑雨が降る前に頭痛や、肩こりがする

☑雨が降る前に眠気やめまいを感じる

☑過去に首のケガをしたことがある

☑夏はのぼせやすく、寒い時期は冷えやすい

 

いかがですか?

2つ以上あてはまる方は天候によって体調の不調が

感じやすいかもしれません。

 

そもそも『天気痛』とは気圧の急激な変動でおこります。

 

耳の奥にある【内耳】という器官が

気圧の変動を感じると自律神経のバランスが崩れます。

そのため体のだるさにつながってしまうのです。

 

さらに【内耳】には平衡感覚をつかさどる

【三半規管】もあります。

めまいやふらつきが起こるのはそのためです。

 

そこで今回は

『天気痛』予防&対策に有効な2つの方法を

ご紹介いたします。

 

【夜は湯船につかる】

☆38~40度前後のお湯つかる

☆寝る1~2時間前に入浴

ぬるま湯につかることで自律神経の『副交感神経(リラックス)』が

スイッチオンになり、質の良い睡眠につながります。

 

【耳のまわりをほぐす】

☆耳たぶまわしはオススメです

 

 

ぜひやってみてくださいね!