けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

古傷が痛む!?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

梅雨時期や雨や台風などが近づくと

以前、ケガしたり手術をした部位が痛くなる

という経験はありますか?

 

『治ったはずなのに・・・』と不安になりますよね。

 

実はこの現象には、あるしくみがあります。

 

一見、完治をしたようでも痛めた部位の筋肉組織が

完全に修復されていないと起こると言われています。

 

そうなってしまうきっかけは

【天気】と【ストレス】

なのです!

 

急激な気圧の変動は『自律神経』のバランスを崩します。

 

気圧が変化すると『内耳』という耳の奥の器官が

状況をキャッチして、交感神経(戦闘モード)の働きが

活発になります。

 

そうなると血管は収縮し痛覚が敏感になってしまい

傷にまつわる事柄を【脳】が思い出し

痛みが再発してしまうのです。

 

基本、【脳】はネガティブなので

辛い経験や危険なことはしないように体に指令を送ります。

 

大人になってジェットコースターが苦手になる人が多いのも

目や耳にした経験から

『心臓が止まったらどうしよう』とか

『万が一故障したらどうしよう』など

考えてしまうからだと言われています。

 

【古傷が痛む】ということは

不安や恐れといった精神的ストレスが

自律神経のバランスを崩すことでおきてしまうのです。

 

【予防&対策】

①酔い止めの薬をのむ

・生活に支障が出るくらいの痛みだと

処方されることもあるそうです

 

②規則正しい生活をする

・睡眠時間は7~8時間

・バランスが良い食事をする

・瞑想や呼吸法などリラックスする時間をつくる

 

③血流を良くする

・暑い日でも湯船につかる(38℃~40℃)

・お風呂上りに軽いストレッチをする

・ウォーキングをする&なるべく歩く

(足の筋肉は体全体の約70%を占めています

血流を良くするには重要です)

 

【健康は一日にしてならず】

毎日楽しみながらケアしていきましょう♪

 

自分では何をしたらよいかわからない方は

当院にご相談ください。

 

全力でサポートさせていただきます!