けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

夏を元気に過ごす方法

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今年の夏はさらに猛暑になると言われていますね・・・

 

『熱中症』『熱帯夜の睡眠不足』『強い紫外線の肌トラブル』など

夏の暑さによるダメージ対策は万全にしておきたいでよね。

 

東洋医学では

【冬病夏治・夏病冬治】といって

「冬の不調を治すには夏の過ごし方が大切」

という考え方があります。

 

暑いからといって冷たい物や

バランスの悪い食生活をしていると

冬に風邪をひきやすくなったり、感染症や

冷え性やむくみなどおこりやすくなるのです。

 

なので

夏こそ大事な食生活!!

健康なからだづくりのためにもぜひ食べたい

おいしい『夏野菜特集』をお伝えいたします。

 

【人気の夏野菜ランキング  TOP5】

第5位  オクラ

 

 

オクラのネバネバのもと「ムチン」は

血糖値の急激な上昇をおさえて暮れる効果があります。

さらに食物繊維やマグネシウム不足もふくまれているので

腸内環境の改善や肩こりなどの慢性疲労にも◎

食事の前に食べるのがおすすめです!

 

第4位  とうもろこし

 

夏と言えばとうもろこし!

おもに

・ビタミンB1 (糖質をエネルギーに変えてくれる)

・ビタミンB2 (皮膚や粘膜の保護)

・ビタミンE (抗酸化作用)

・カリウム (塩分を排出し、むくみを解消)

・食物繊維

などが豊富に含まれています

 

ただし糖質とカロリーが少し高めなので食べ過ぎは要注意。

一日半分~1本までが適量です。

 

第3位  なす

 

なすの皮の紫には「アントシアニン」

白い果肉には「クロロゲン酸」が含まれています。

抗酸化作用があるので、紫外線のダメージから

肌を守ってくれます。

さらに体にこもる熱を冷ましてくれるので

これからの時期にはぴったりですね!

 

ちなみに

「クロロゲン酸」は水にさらすと出てしまうので

アク抜きしないで食べるのがおススメです。

 

第2位  きゅうり

 

きゅうりは95%が水分なので

よく

「野菜の中で一番栄養素がない」などと言われていますが

体を自然に冷やしてくれたり

「カリウム」が塩分を体外に排出してくれるので

むくみの改善に効果的です。

 

食事の前に食べると血糖値の上昇をおさえたり

空腹が抑えられるので、ダイエットにもおススメです。

 

第1位  トマト

 

『トマトが赤くなると医者が青くなる』

と言われるくらい栄養満点のトマト!

旬の夏は本当に美味しいですよね。

 

トマトいえばリコピン!

抗酸化作用がダントツなので

美容と健康には毎日でも食べたいです。

ちなみに朝食べると体への吸収率がアップするという

研究結果も出ています。

 

油と一緒に摂ること、また加熱すると吸収率がさらにアップ。

朝食や副菜でオリーブオイルで炒める

『トマトソテー』などおススメです!