けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

暑さに負けない体になる方法

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近、院や家の近所では昼間は人通りが少なくなりました。

こうも毎日気温が30℃を超えると外にでるのが

嫌になりますよね・・・

 

さらに8月いっぱいは『外出自粛』

今年のお盆休みもおうち時間が増えそうですね。

 

そうなってくると心配なのは『夏のなんとなく不調』です。

一日中、エアコンのきいた部屋にいて

テレビや動画、スマホなど見ていることで

自律神経のバランスが乱れやすくなります。

 

夏は1年のうちで免疫力が低下しやすくなる季節!

 

おうち時間が長い今こそ

自律神経のバランスを整えて

暑さに負けない体にしていきましょう!

 

【自律神経を整える生活習慣】

 

①朝食:昼食:夕食=4:2:4のバランスをとる

自律神経のバランスを整えて腸を活性化するためには

朝食を食べることが大切です。

そして昼食は胃腸にストレスをかけないよう軽めに。

夕食は腹七分目までに抑えましょう。

 

②質の良い睡眠をとる

・夕食は寝る3時間前までに終える

・39~40℃のぬるめのお風呂につかる

・寝る1時間前からスマホは見ない

 

③朝は早く起きて日光をあびる

日によって起きる時間がバラバラではなく

決まった時間に目覚めるのが大切です。

起床後すぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びると

体内時計のズレをリセットでき、自律神経が正しく働きます。

 

起きてすぐあわただしくすると

1日の自律神経のリズムが崩れてしまうので

余裕をもって行動することを心がけましょう。

 

④運動を習慣にして血流をアップ

激しい筋トレなどしなくても

ウォーキングやこまめにストレッチなるべく階段を使うなど

日常の中で体を動かすことを習慣にすると

体力がつき免疫力の底上げになりますよ。