けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

歯は体を守ってくれる Part2 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

『3週間歯みがきしなかったらどうなるか?』

 

ドイツで50名の若い男女を対象に実験が

行われたそうです。

 

歯磨きをやめて3週間後にどうなったかというと

ほぼ全員に歯周病の初期症状である

歯ぐきの「出血」や「腫れ」が見られたそうです。

 

ただこれだけではなく

被験者の血液を調べてみたら56%の人が

「エンドトキシン血症」になっていたのだとか!

 

エンドトキシンとは細菌の毒素のことで

健康な人の血液中にはほとんどありません。

 

エンドトキシン血症になると、血液の流れが悪くなり

様々な臓器に異常がみられるようになります。

 

その研究結果から

近年、手術の前後や放射線治療や化学療法で

歯科医による「口腔ケア」を行う病院も

ひろまりつつあり、保険適用の対象になっているのだとか。

 

それだけ大事な「口腔ケア」

正しい歯みがき方法はこれです。

 

①45度の角度で歯ブラシをあて歯周ポケットを

きれいにする。

 

②歯ブラシは小刻みに優しく動かし

1本1本の歯の歯垢を落とす。

 

③かみ合わせ部分はより丁寧に。

歯と歯の間はデンタルフロスを使うのがおすすめです。

 

☆歯磨き粉は使っても使わなくてもよいが

歯磨き粉を使うことできちんと磨けていなくても

さっぱりして磨けた気になってしまうので

注意が必要です。

 

歯周病を防ぐ一番の方法は

「1日1回の丁寧な歯みがき」

 

自分にあったやり方で

毎日楽しく続けていきたいですね!

 

 

実は当院でも毎日の歯みがきが楽しくなる

歯ブラシを販売中です!

その名も「コブラシ」

 

 

歯科医と共同開発した歯みがきしながら

口内のマッサージもできるという

健康と美容に一石二鳥の歯ブラシです!

 

この歯ブラシ

歯周ポケットまで行き届く超極細毛&スパイラル毛が

落ちにくい歯垢対策に効果的。

 

それだけではなくヘッドの裏についている

「まるいコブ」で口の内側から押すことで

ほうれい線対策ケアも!

 

さらに

 

奥歯を磨くときに口を大きく開けることで

普段使わない表情筋を動かしたり

唾液腺も刺激できるのです。

 

 

私も1カ月くらい朝だけ使っています。

使い続けてみてほうれい線が薄くなってきました!

 

なにより奥歯を磨くときは口を大きく開けるので

あご周りのむくみ対策にもなるし

顔の筋肉がやわらくなった気がします。

 

楽しみながら口腔&美容ケアができる

「コブラシ」

 

気になる方はメールでもインスタグラムでも

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。