けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

自律神経を整える○○呼吸法!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

9月に入り気温差が激しい日が続いていますね。

 

真夏日が続いたと思ったら

薄手のコートが必要な日があったり

 

朝方は羽毛布団が必要なくらい寒いのに

昼間は半袖でも暑いくらいに気温が上がったり

秋は体調管理や着るものに困りますね・・・

 

そうなると私たちの体を動かしてくれている

『自律神経』がフル活動状態!

 

気象や気圧の変動が激しい秋は

1年の中で体が疲れやすい季節なんです。

 

そもそも『自律神経』は

☆交感神経→緊張・興奮・危険・恐怖に呼応して

運動時や日中の活動、ストレス下で優位となります。

 

☆副交感神経→安心・安全・平穏な状況に呼応して

食事中や夕方~夜間に心身をリラックスへ誘います。

 

この2つの神経がバランスを取り合い

役割を果たすことで

疲れにくい若々しい体を保つことができるのです。

 

前回のブログで

「質の良い睡眠」が自律神経のバランスを整え

免疫力アップに効果的とお伝えしましたが

 

実はもっと手軽に

『自律神経』のバランスを整える方法があります!

 

それは・・・

【片鼻呼吸法】です

 

聞いたことありますか?

 

これはヨガの伝統的な呼吸法です。

意図的に呼吸を調節して自律神経を整え

体と心を健やかにする方法として

伝わってきたものです。

 

【やり方】

まずはイスに浅く座るか床に楽に座ります。

頭のてっぺんを天井から1本の糸で

つられているようなイメージで

背筋を軽く伸ばします。

 

 

この状態で「片鼻ずつ」呼吸していきます。

(人差し指の第2関節で片方ずつ鼻の穴を塞ぐと

やりやすいです)

(秒数はあまり気にせず自分のペースでゆっくりと)

 

①口から息をはきだします

②左の鼻の穴を塞ぎ右の鼻から息をゆっくり吸います

③右の鼻の穴を塞ぎ左の鼻からゆっくり息を吐きます

※30秒~1分くらいやったら

逆側もやりましょう

 

☆ヨガでは

右鼻は「陽」のエネルギー

左鼻は「陰」のエネルギー

それぞれの通り道と言われています。

 

なので

右鼻での呼吸は交感神経が優位に働き

左鼻での呼吸は副交感神経が優位に働きます。

 

右の鼻がとおりやすい時は

「交感神経」

左の鼻がとおりやすい時は

「副交感神経」が

働きやすくなっています

 

 

もともと鼻は片鼻呼吸をしており

2~3時間おきに左右が入れ替わると

言われています。

 

朝起きた時や仕事の合間など

片鼻呼吸をしてみると

今の自分がどうなっているのか

チェックできますね!

 

ちなみに私は昼食後は「左鼻」の通りが

良くなっていることが多いです。

 

ぜひやってみてくださいね♪