けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

リラックスするしくみ

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

9月いっぱいで緊急事態宣言が解され

10月から新しい環境での生活が

始まる方も多いそうですね!

 

4月に入学や入社して10月になって

やっと友達や同僚・上司に合うという方も

多いのだとか!?

 

ワクワクする反面

新しい環境では体が慣れるまで

ストレスがかかることも多いはず!

 

ということで今回は

『自律神経を癒す方法』

をお伝えいたします。

 

こんなデータがあります。

【交感神経は0.2秒でオンになり

副交感神経は最短5分でオンになる】

 

ただ人間が疲れずに集中に活動できる時間は

せいぜい3時間といわれています。

 

やる気になるのには瞬間で可能ですが

1日を通して常に交感神経を優位にすることは

疲労やストレスの貯蓄をしていることなのです。

 

なので集中する時間が続いたら

意識して自律神経を癒しましょう!

 

①ゆらぎを取り入れる

リラックスできるものと言えば

「そよ風」「川のせせらぎ」「鳥のさえずり」など

ゆらぎがあります。

 

人間の脳波や心拍数なども

ゆらぎを帯びているので

生体リズムとシンクロして心地良さを感じ

副交感神経がオンになりやすいのです。

 

理想は大自然に囲まれ山歩きなどをすると良いですが

普段から窓を開けて光や風の変化を感じたり

サーキュレーターの首振り機能で

エアコンの風をランダムに巡らせると

ゆらぎが生じリラックスできるそうです。

 

②ふくらはぎを動かす

ふくらはぎは「第二の心臓」

 

デスクワークで座りっぱなしが続いたら

座りながらでもいいので

 

かかとを上げ下げしたり

ちょくちょく席を立ったり

なるべく階段を使ったり

お昼休みは公園へいってみたり

ふくらはぎの血流をアップしてみましょう!

 

③明日できることは明日やる

日本人は『頑張りすぎ文化』が根強く

あります。

100%集中して100%の結果を

出そうとすると長続きせず

むしろ細かいミスや集中力が分散しがちに。

 

適度に休みながら70%くらいの

成果を出して満足するほうが

自律神経も疲れず安定した

パフォーマンスが出せます。

 

いかがでしたか?

次回は

『気持ちの切り替え方』をおつたえいたします。