けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

自律神経を整える方法①

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今年の秋は寒暖差も激しく

なんだか疲れやすい季節でしたね。

 

冬にむけて免疫力をあげるために

『自律神経を整える方法』食事編

をお伝えいたします。

 

今回は

【抗酸化成分】です。

 

体温や心拍を調整するためには

『交感神経』が活発になります。

 

そうなると神経細胞に疲れのもと

『活性酸素』が大量に発生します。

 

そして副交感神経への切り替えがうまくいかず

休んでも疲れが取れない『疲労』に

つながってしまうのです。

 

疲労回復には活性酸素による

酸化ストレスを抑える役割をもつ

アスタキサンチンビタミンA・C・E

豊富に含む食材を積極的に摂りましょう!

 

☆鮭

アスタキサンチンは鮭にたっぷり

含まれています。

さらにビタミンEも豊富で

この時期の最強疲労回復食材です。

 

 

☆エビ

ビタミンEが豊富。

特に甘エビや桜エビに多く含まれています。

 

 

☆ビタミンA

トマト、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリーなどの

緑黄色野菜に多く含まれています。

 

☆ビタミンC

柑橘類、パプリカ、ブロッコリー、ジャガイモ

これからの時期は柿やミカンが

おすすめです。

ビタミンCは水溶性なので生で食べられる

フルーツは積極的に摂りましょう!

 

 

☆ビタミンE

ごま、アーモンド、ピーナッツ、かぼちゃ

アボカド、うなぎなど

ビタミンEは油に溶けやすい性質が

あるため油を使うと体内に吸収しやすく

なります。

 

 

次回は食事編②をお伝えいたします。