けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

自律神経が教えてくれること

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

つい先日、患者さんから

「自律神経って最近よく聞くけど一体なに?」

とお問い合わせがありました。

 

たしかにここ2年ほど

テレビでも本でも本当に耳にする機会が

増えましたね。

 

そこで今回は

『そもそも自律神経とは?』

をお伝えいたします。

 

まず「神経」とは・・・

【脳】と【体の各器官】が

情報を伝えあう【道】のようなもの。

体の内側・外側からの刺激は情報として

神経を伝わり脳や体の各器官へ送られ

様々な反応を引き起こします。

 

たとえば

熱いものをさわってしまった時に

とっさに手を引っ込めますよね。

 

これも神経を通じて

「熱い!」→【脳が反応】→「手を引っ込める動きをしよう」

という状況がおこっているのです。

 

神経は体全体に張り巡らされていますが

【自律神経】は「脳」と「各臓器」をつないでいます。

 

・心臓を動かして血液を全身へ送る

・呼吸をする

・食べ物を消化し栄養素を吸収する

・暑いときには汗をかき

 寒いときには体を震えさせて

 体温調節をする

 

などはすべて自律神経の働きによるものです。

 

ただ自律神経は自分の意思で

コントロールができません!

 

24時間365日フル稼働しているため

無理が重なると体に不調がでてきます。

 

その状態が

「自律神経の乱れ」と言われています。

 

いかがでしたか?

少し自律神経の謎がとけたでしょうか?

 

次回はさらに詳しく

「自律神経のしくみ」を

お伝えいたします。