けんご整体院&リンパケアスクール

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

ブログ

自律神経のしくみ

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今年はとてつもなく寒い冬になるらしいですね・・・

 

そんな冬に向けて寒さに負けない体づくりのために!

前回の続き『自律神経の役割』について

お伝えいたします。

 

自律神経は

「交感神経」「副交感神経」

分けられます。

 

交感神経は【アクセル】

優位になると血管は収縮し

心拍数と血圧が上昇します。

心身共に興奮状態になり

活動時やストレスを受けた時に優位になります。

 

副交感神経は【ブレーキ】

優位になると血管がゆるみ

心拍数と血圧が低下します。

興奮にブレーキがかかり

リラックスした状態になります。

休憩時や睡眠時に優位になります。

 

人間は日中に交感神経が優位になり

夜は副交感神経が優位になります。

 

 

でも、不規則な生活習慣や

仕事や人間関係のストレスなど様々な原因で

現代人は自律神経のバランスは乱れがちに。

 

アクセルとブレーキのどちらか一方が

優位になるのではなく

両方のバランスが適切に保たれることで

快調に過ごすことができるのです。

 

そして・・・

【交感神経と副交感神経はどちらも
高いレベルを維持できると最強!】
 
☆副交感神経を高めるには

・笑顔

(意識的に口角をあげるだけでもOK!)

・深呼吸をする

・感動したり泣ける映画を観たり音楽を聴く

・お風呂につかる

・腸内環境を整える

 

☆交感神経を高めるには

・人との会話

・朝日を浴びながらウォーキングやお散歩

・運動

 

※副交感神経が優位になりすぎると

免疫力が高まる反面

アレルギーが発症しやすくなったり

無気力疲労感を招きやすくなります。

 

交感神経が優位になりすぎると

全身の血流が悪くなり

心身の興奮状態がいつまでも続きます。

自律神経失調症慢性的な肩こりや腰痛

引き起こします。

 

両方のスイッチの切り替えが

スムーズにできて

高いレベルを維持できることが

心と体の健康には大切なことなのです。

 

いかがでしたか?

 

次回は

「自律神経の乱れによる体の不調」を

お伝えいたします。