営業時間
平 日:
9:00〜13:00
15:00〜19:00
土曜日:
9:00〜13:00
定休日

日曜日・祝日

  • スーパーヤマイチ今井店すぐ
  • 土曜診療あり
  • 予約優先制 ※当日予約も対応
メニュー

MENU

メニュー

不眠症でお悩みの方へ

こんなお悩みありませんか?

✅ 昼間は眠いのに、いざ布団に入ると眠れない

✅ 睡眠薬がないと眠れない、不安

✅ せっかく寝付いても夜中に何度も目が覚めてしまう

✅ 夜眠れなくて昼間にウトウトすることがある

✅ 睡眠薬を2種類飲んでいる

✅ ここ何年もスッキリした睡眠を取っていない

なぜ、不眠症になるのか?その原因

1、不規則な生活リズム

生活リズムが不規則だと、どうしても自律神経への影響は避けられません。

交感神経と副交感神経のバランスが取れていることが大切になってきます。

2、夜尿症

物理的に起きてトイレに行かなければならないので、睡眠を妨げられます。

こちらも副交感神経の働きでトイレの回数を減らすことが可能です。

3、睡眠時無呼吸症候群

本人の自覚がないまま睡眠時に無呼吸の時間がある方です。

このタイプの方は昼間に眠くなるなどで悩んでいる方が多いように思います。

口腔を広げしっかりと鼻で呼吸できるようになると解消されっます。

4、騒音や眩しい光

こちらも物理的な刺激による睡眠の障害なので、睡眠時の環境を整えることをお勧めします。

しかし「真っ暗だと眠れない」、「静かだと眠れない」と言う方もいるようで、こちらも自律神経のバランスを取ることで改善の方向へ向かって行きます。

5、強いかゆみや痛み

こちらは身体的な刺激による睡眠障害なので、体を整えることが大事なのですが、「リンパケア」で体内の循環が良くなると「かゆみ」は改善していることが多いです。

試してみる価値はあります。

6、不安感やストレス

不安やストレスを強く感じていると睡眠に影響が出ます。

こちらはホルモンのバランスが取れると解消されます。

微弱な刺激で副交感神経が優位になると、幸せホルモンの分泌が促され、不安感、ストレスなどが軽減されます。

なぜ、他院でも良くならないのか?

不眠症の治療では理想的な生活習慣を提案されます。

「〜しなければ」や「〜べき」と言われます。

実はそこに落とし穴があります。

この理想的な生活習慣が出来ないことで今度は違ったストレスが生まれ

不安になったり安心感を得られなくなったりしてしまうのです。

結果、自律神経のバランスが崩れてしまし夜眠れないという現実がまた訪れてしまいます。

自律神経を整え副交感神経を優位にし安心、安全な感覚をえることが心身の健康へと繋がります。

当院で改善ができる4つの理由

理由1 とにかくソフトな刺激で優しく丁寧に

当院の施術では超微弱刺激で体を丁寧に丁寧に扱って行きます。

微弱刺激によって筋肉が緩み、副交感神経が優位な状態へと変化して行きます。

理由2 副交感神経刺激の施術

実は体の感覚受容器はソフトな刺激になればなるほど反応しやすくなるのです。

この感覚受容器が副交感神経の刺激となり体をリラックスする状態へと促します。

理由3 幸せホルモンの分泌

副交感神経が優位になると、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」「オキシトシン」の分泌が盛んになります。

当然幸福感を感じやすくなりますので、ゆったりとリラックスした感覚を得られます。

その感覚のまま眠りに就くことが出来れば、質の良い睡眠となります。

理由4 布団の中でも出来るセルフケア

どこでも、誰でも出来るセルフケアをお伝えして行きます。

もちろん、布団の中でもすることが可能です。

セルフケアをしたまま「寝落ち」する方もいるくらいです。

ゆったりとした気持ちで、ご自身の体に意識を向けてセルフケアを行ってみてください。

※簡単なセルフケアですお試しください→

さとう式リンパケア(片手バンザイ体操)https://youtu.be/vWAD_BFkTC0

 

 
 
 
不眠症の場合、自律神経のバランスが崩れていることが多く、交感神経が優位になっている状態が続いていて、
睡眠やリラックスしている状態になりにくいことが原因となります。
当院の施術では微弱刺激により副交感神経へアプローチし副交感神経優位な状態へと導きます。
 
この交感神経、副交感神経のバランスが取れて心身共にリラックスな状態が作り出せるようになれば、
睡眠時も副交感神経が優位に働き、質の高い睡眠へをとることが出来ます。
 
副交感神経は本当に微細な刺激で優位になれるのでご自身で緩い変化、刺激を「感じる」練習をしていけば、
ドンドン活性化され、交感神経のバランスが整って来ます。
 
そのためのセルフケアもお伝えして行くので、朝、晩と無理なく出来る時にやってみましょう。
負担のない範囲内で緩やかに)

FLOW

施術の流れ

1. 問診票の記入

まず、問診票への記入をお願いします。

住所、氏名、電話番号、辛いところ、悩んでいる事等の記入をお願いします。

詳細はその後のカウンセリングでお聞きするので、書ける範囲内で構いません。

2. カウンセリング

症状や困っていることなどを伺います。

現在の症状、お悩み、不安など、どんな些細な事でも結構です。

話すことで気持ち的にも楽になりますし、自分でも気づいてない症状の原因なども見えてきます。また、疑問な点、不明な点があれば遠慮なく聞いて下さい。

3. 検査と現状把握

今現在の体の状態を検査、体のバランス、姿勢の分析等を行います。

筋肉の固くなっている箇所、関節の動きの悪いところなどを見つけていきます。

これにより、普段の体の使い方や悪いクセなどもわかります。

4. 施術の計画の作成

体の状態を検査して、「なりたい自分」になるための施術方法、期間等を決めて行きます。

5. 施術

リンパケア、アキュスコープ、ハイチャージ等良くなっていくためにしっかりと施術させて頂きます。

(当院の施術はどれも低刺激なのでご安心下さい)

6. セルフケア指導

お家で出来るセルフケアをお伝えするので、次回の来院までにセルフケアをして下さい。

7. 次回の予約

次回の来院予約を取って終了です。

 

実際のお客様の改善事例

不眠症の事例

主訴

何十年も睡眠薬を飲んでいる。

寝付けない時も多い。

寝てもすぐに目が覚める。

概要

睡眠導入剤と深く眠れるための薬を飲んでいる。

それでも夜中に目が覚めてしまう。

長年睡眠薬を飲んでいるため、副作用が怖い。

初回ヒアリングと検査

睡眠障害がある方はどの方もそうですが、「思考」が忙しいように思います。

寝る前に思考を働かせることで、交感神経優位な状態となり、神経的に体が寝るモードになりにくくなってしまいます。

施術

今回は睡眠障害そのものでの来院ではなかったが、肩こりや腰痛が改善して来た結果の改善でした。

1ヶ月ほどしてから、夜眠れるようになったと報告を受けました。

その後3ヶ月はどで夜起きる回数が減りました。

半年ほどで睡眠導入剤がなくても寝付けるように変化。

睡眠の質も良くなった。

微弱刺激の施術なため副交感神経が優位となり睡眠がしやすくなります。

セルフケアも毎日やってくださる方なので、なお効果は感じやすいです。

まとめ

施術に来た日はよく寝られると言っていたので、筋肉が緩み、副交感神経ゆいとなることは重要だと実感できます。

セルフケアをすると寝つきが良く、睡眠導入剤がいらなくなった。

20年以上飲んでいた睡眠薬の量を減らせたことをすごく喜んでいました。

街中の事故で整形外科で治療を受けていましたが、思うように改善せず、けんご整体院へ駆け込みました。
元々、腰が痛かったり曲がっていたりで辛かったのですが、今回は事故の後遺症が酷くて、それどころではありませんでした。
首、肩が痛かったのですが、そちらはすぐに良くなりました。首が良くなると腰、腰が良くなると今度は不眠症が気になったりと本当に体のあちこちに不調がありましたが、それらは全て改善されています。
今思うと自律神経がかなり乱れていたのだなと分かりますが、その当時は辛いことに必死でそんなことを考える余裕さえありませんでした。
けんご整体院でさとう式リンパケアを受けるようになってから、体が良くなって行くことはもちろんなのですが、毎日が楽しく
先生の講座を受けたり、セルフケアをしたりと充実しています。
体が軽いので孫と遊びに行ったり、主人と出かけたりと本当に楽しく過ごしています。
主人が「けんごさんに行くと元気になるから、行ってこい!」と言うくらいです。
人生が変わると言っても過言ではないので、是非「けんご整体院のさとう式リンパケア」を受けてみてください。

(江戸川区在住  小嶋さん)

※効果には個人差があります

事例1 
20年前から、睡眠薬と睡眠導入剤2種類飲んでましたが、いつの間にか飲まないでも眠れるようになりました。

薬は飲みたくないなとは思っていながら、眠れないのは辛いのでどうしても睡眠薬に頼っていたのですが

徐々に睡眠薬を減らすことが出来ました。

夜、ちゃんと眠れるので昼間も眠気に襲われず、仕事も遊びも元気に出来ています。

薬を飲まなくても眠れるって本当に嬉しいです。

 

不眠症についてのよくある質問

Q. 今飲んでいる薬は辞めないとダメですか?

A.ご自身の睡眠に不安を感じるようでしたら、継続してください。

薬に頼らなくても眠れるようになることを目標としています。

Q.不眠症と寝不足はどう違うのですか?

A.眠りたいと思っているのに眠れないのが不眠症です。

一方、単純に眠る時間がなくて寝られないのが寝不足となります。

けんご整体院

〒132-0015
東京都江戸川区西瑞江3-17-14
営業時間
平日:9:00~13:00/15:00~19:00
土曜:9:00〜13:00
定休日
日曜日・祝日
けんご整体院