営業時間
平 日:
9:00〜13:00
15:00〜19:00
土曜日:
9:00〜13:00
定休日

日曜日・祝日

  • スーパーヤマイチ今井店すぐ
  • 土曜診療あり
  • 予約優先制 ※当日予約も対応
メニュー

MENU

メニュー

腰椎分離症・すべり症

こんなお悩みありませんか?

✅ 同じ姿勢を続けていると腰が痛くなる・辛い

✅ 足が痛い、辛い・・・長時間歩けない

✅ スポーツや体を動かすことを楽しみたいが腰が痛くて出来ない、我慢している

✅ 腰が痛くて、子供を抱っこ出来ない

✅ 整形外科で痛み止めの薬をもらっているが、なるべく飲みたくない

なぜ、腰椎分離症・すべり症になるのか?その原因

1、激しいスポーツをしていた

幼少期から高校生くらいまでにスポーツを頑張っていた方に多くみられます。

また、当時は症状がなかったため体のメンテナンスが足りていない場合が多いようです。

2、腰を後ろへ反らせる動き

この動きは腰が痛いからしてしまうのか、やっているから痛いのかは不明ですが無理矢理反らせていると分離症、すべり症の原因となります。

3、腰を捻る動作

ゴルフや野球のバッティングなど腰を捻転させる動作が多い場合。

仕事などでも捻る動作が多いと分離症、すべり症の原因となります。

4、加齢によるもの

加齢に伴い脊椎の変形や靭帯の緩みが原因となります。

5、腰椎椎間板に起こる障害

椎間板の中にある髄核がはみ出して、そこにある神経根や脊髄を圧迫・刺激することにより、腰痛や足のしびれを引き起こします。

 

なぜ、他院でも良くならないのか?

多くの場合は「保存療法」として、「コルセット」、「安静」の指示を受けているようです。

安静時は痛み止めの「薬」も処方されるようですが、これでも痛みが取れない場合は「手術」の適用となります。

いずれにしても症状に対して「対症療法」となっています。

根本的に改善を目指すのでしたら、全身のバランスを取ることと筋肉の使い方、姿勢の改善が必須となってきます。

当院で改善ができる4つの理由

理由1 全身の筋肉をゆるめていきます

全身の筋肉を緩めることにより、姿勢の改善バランスの改善を図ります。

また筋肉自体が緩みポンプ機能が向上するため、血液、リンパ液の循環も改善します。

理由2 脊柱への負担がなくなる

分離症・すべり症では腰痛の負担が大きく耐えきれずに症状が出ています。

筋肉が緩み、姿勢が改善することで腰椎への負担が大幅になくなります。

 

理由3 本来の体の使い方が出来るようになる

筋肉も緩み、姿勢も改善されることにより本来の負担のかからない体の使い方が出来るようになります。

しかもこの体の使い方は「自然と」出来るようになります。

この「自然と」と言うところが大切になってきます。

理由4 簡単なセルフケア指導
施術だけでなく効果的なセルフケアをすることで、ご自身で体を整えていくことが出来るようになります。

FLOW

施術の流れ

1. 問診票の記入

まず、問診票への記入をお願いします。

住所、氏名、電話番号、辛いところ、悩んでいる事等の記入をお願いします。

詳細はその後のカウンセリングでお聞きするので、書ける範囲内で構いません。

2. カウンセリング

症状や困っていることなどを伺います。

現在の症状、お悩み、不安など、どんな些細な事でも結構です。

話すことで気持ち的にも楽になりますし、自分でも気づいてない症状の原因なども見えてきます。また、疑問な点、不明な点があれば遠慮なく聞いて下さい。

3. 検査と現状把握

今現在の体の状態を検査、体のバランス、姿勢の分析等を行います。

筋肉の固くなっている箇所、関節の動きの悪いところなどを見つけていきます。

これにより、普段の体の使い方や悪いクセなどもわかります。

4. 施術の計画の作成

体の状態を検査して、「なりたい自分」になるための施術方法、期間等を決めて行きます。

5. 施術

リンパケア、アキュスコープ、ハイチャージ等良くなっていくためにしっかりと施術させて頂きます。

(当院の施術はどれも低刺激なのでご安心下さい)

6. セルフケア指導

お家で出来るセルフケアをお伝えするので、次回の来院までにセルフケアをして下さい。

7. 次回の予約

次回の来院予約を取って終了です。

 

実際のお客様の改善事例

脊椎分離症・すべり症の改善事例

主訴

常に腰が痛い

腰の痛みを我慢してスポーツをしている

たまに激痛が走ることがある

概要

・小さい頃から野球をしていて、練習などで腰の負担は感じていた

・練習量が多くレギュラー争いも熾烈なため、

なるべく練習は休みたくない

・特にバッティング時の痛みが強い

初回ヒアリングと検査

・体全体のチェックと共有

・筋肉の硬さ、可動域のチェック

・痛みが出る動作のチェック

・体のバランスのチェック

・練習内容と練習量の見直し

・監督、保護者との施術計画の共有

施術

・練習をしながらの施術ということで、練習の合間に行う。

・アキュスコープとさとう式リンパケアのセルフケアで日頃のケアを行う。

・特に試合の前後はコンディショニングとアフターケアとして施術。

・体の連動を覚えることにより、腰への負担が少なく動けるようになる。

まとめ

・連動した体の動きを覚えることにより、激しいスポーツでも腰への負担を軽減できる。

・施術も大切だが日々セルフケアを行うことで生活の質も上がる。

・スポーツ選手にも対応することが出来る。

野球で腰を痛めて兄と2人で通っています。
バッティングだったり、ピッチングの時に腰に違和感があり
段々と痛みが強くなって来ました。
 
整形外科も通っていたのすが「脊椎分離症」と診断を受けました。
練習も休めないし、試合にも出なくてはいけない・・・
腰痛の悪化も怖かったので父が探してくれた「けんご整体院」へ駆け込みました。
「けんご整体院」の施術でドンドン良くなり、試合ではもちろんのこと練習中に痛みもなくなりました。
もっと早くに出会っていたらと思います。
 
体のバランスを診てくれたり、動作の確認もしてくれるので野球のプレーのパフォーマンスも上がりました。
けんご先生は試合もみに来てくれるので甲子園に絶対出たいと思います。
先ずはレギュラー争いに勝つことです!!
これからもよろしくお願いします。

(江東区在住 黒川さん)

※効果には個人差があります

事例1 60代 男性

少年期に柔道をやっていた時に分離症、すべり症を発症。

ゴルフや運動が趣味でとにかく足首と肩甲骨周辺、背中の筋肉が硬く動きが悪い状態でした。

無理に動かしていたことで左足の側面から前面にかけて我慢できないくらいのしびれがでていました。

腰の施術だけでなく足首や股関節、首から肩回りをしっかり施術して足のしびれは気にならないくらいに。

再発しないように足首やふとももの裏側の筋肉を使えるようなケアと肩甲骨の体操は続けています。


腰椎分離症・すべり症についてのよくある質問

Q. 運動をしたいがどんなことをするとよいのか?

A.分離症・すべり症の方は無理に腰をひねったり腰を反らせる動きのストレッチや体操はおすすめしません。

太ももの前側や股関節が硬い方が多いので足首から太ももの筋肉をゆるめるケアがおすすめです。

当院では個人に合わせた効果的なセルフケアをお伝えいたします。

 

Q. 今、痛みが強くコルセットを巻いて生活しています。外せるようになりますか?

A.もちろんなります。筋肉の硬さ、体の歪みがなくなれば痛み自体がなくなります。

けんご整体院

〒132-0015
東京都江戸川区西瑞江3-17-14
営業時間
平日:9:00~13:00/15:00~19:00
土曜:9:00〜13:00
定休日
日曜日・祝日
けんご整体院